スノーボード初めてのジャンプSTEP1・基本姿勢とジャンプ台の入り方

5,700円(税抜)

ストリーミング
ストリーミング+ダウンロード
視聴方法
購入数

この商品に関する注意事項 - ご購入前にご確認ください -
1)映像編集について
映像の一部に揺れがあったり、風音が入っている箇所があります。内容に理解には支障ありませんが予めご了承ください。

2)商品種類について
この商品は、オンラインで視聴して頂けます。決済完了後、専用のURLとパスワードをお知らせしてPC、タブレット、スマートフォンなどで本編をご覧頂けます。※(+ダウンロードを選択して頂くとインターネット環境に関わらず動画をご覧頂けます。)

step1の目標は安定した基本姿勢とストレートジャンプです。
この土台が無ければ、ジャンプやスピンは一生まともにできないくらい重要な項目です。
実際の雪上レッスンでは初級クラスの内容になります。

目次 / チャプター

再生時間:合計約40分

1 / ジャンプでの基本姿勢〜停止状態でのジャンプ
滑りながらジャンプする前に、まずは基本姿勢と簡単なジャンプでボードを履いた状態で、飛ぶという事に慣れていきましょう!

2 / 滑りながら両足ジャンプ
低速で滑りながら両足でジャンプです。オーリーを覚える前にシンプルな飛んで着地するという行為に慣れておきましょう!

3 / 腕の振り
上げる方向が大事!オーリーやスピンで腕を正しい方向に振れるようにしておきましょう!

4 / オーリー
オーリーは1,2,3のリズムで確実に飛べます。板の反発?脚力?そんなこと意識してたら一生オーリーは出来ません。

5 / 目標の場所でオーリー
1,2,3のリズムで飛ぶ事を十分に体に覚えこませたら、次はそれを使って目標ジャンプをしましょう! この目標ジャンプは、ジャンプ台での踏み切るタイミングの精度にも関わってくるので、必ずマスターしておきましょう!!

6 / 着地する足をコントロールする
オーリーの練習の中でエクササイズ的な要素が大きいです。ジャンプの着地やリカバリー力を上げる動きですので、思い出した時にでもトライしてみてくださいね。

7 / 壁や地形でオーリー
目標ジャンプの発展形になってきます。実際にどんなところで飛べばいいか紹介しています。

8 / ジャンプ台の入り方と注意点
ここまで来たら実際にジャンプ台に挑戦になりますが、その前に注意点を抑えておきましょう!スタートの高さや位置がポイントになってきます。 これを知ってるだけで着地成功の確率が上がるので、すでにジャンプできる方もおさらいしておいてくださいね。

9 / ジャンプ台でのオーリー
これまでやった技術の集大成になります。ジャンプ台になると周りが見えにくくなるので、目線が下がらないように注意して飛ぶようにしましょう!また、落差の少ない安全なジャンプ台についても説明しています。

サンプル動画

講師紹介

プロスノーボーダー
阿部政俊

蔵王温泉にて基礎滑りのスノーボードインストラクターを務めたのち、宮城県のスプリングバレーでは3年間にわたりスノーパークの管理と並行して初心者向けパークレッスンをシーズンを通して毎日担当

2013年からは、全国各地を出張レッスンし、多くのお客様の滑りに対応し的確な上達法を発信しています。

これまでの受講者数は1600名に到達。

北は岩手から、長野群馬まで、東日本を中心に各地で初心者限定のジャンプレッスンを開催するジャンプ専門のインストラクターです。

自身の選手活動としては、

・JSBA 全日本学生テクニカル選手権大会 優勝
・JSBA 全日本テクニカル選手権 東北地区大会 5位
・JSBA 全日本スノーボード選手権 スロープスタイル 5位
・PSA 南郷スロープスタイルセッション プロアマ戦 3位 

など、入賞多数。
現在もスロープスタイルの現役選手として活動中。

サポート
・BC Stream
・EXTREME SENDAI
・39FACTORY

この商品を購入する

イメージはありません。

レビューはありません。

視聴方法
ストリーミング
ストリーミング+ダウンロード