内倒からの発射!を防ぐ方法「からだの使い方シリーズ第2作」

5,700円(税抜)

ストリーミング
ストリーミング+ダウンロード
商品種類
購入数

この商品に関する注意事項 - ご購入前にご確認ください -
商品種類について
この商品は、「ストリーミングのみ」か「ストリーミング+ダウンロード」の2種類からお選び頂けます。専用のURLとパスワードをお知らせしてPC、タブレット、スマートフォンなどで本編をご覧頂けます。「+ダウンロード」をお申込みの方には別途ダウンロード用のURLをお知らせいたします。 (DVDはお届けしておりません。インターネット接続に関わる通信費はお客様負担となります。)

ターンの内側に体が倒れてしまうと、そもそも不安定な姿勢になることは容易に想像できると思いますが、内側に倒れることでスキーのエッジが立ちすぎることで、コブのラインの横へ「発射してしまう」失敗へとつながります。

また、ズラシをコントロールできずに意図せずにオーバースピードになってしまい耐えられなくて失敗というパターンもあるかと思います。

このWEB講座は、このように内倒が原因でラインを通して滑れない方にお届けする動画レッスンです。

目次 / チャプター

再生時間:合計約110分

1 / 内倒はなぜいけないの?
そもそも内倒はなぜいけないのか?を解説

2 / 内倒しないためにはどうすれば良い?
じゃあ一体どうすれば内倒せずにターンできるのか?

3 / 股関節の役割とは?
なぜ股関節を使う必要があるの?

4 / 股関節の6つの動き
股関節はどんな動きができるのか?を確認していきます。

5 / スキーでの股関節の使い方「座って」
スキーで股関節をどのように使うのかを「座って」確認!

6 / スキーでの股関節の使い方「立って」
座ってできるようになったら立って股関節を使ってみよう!

7 / 股関節の折りたたみ操作
内倒を防ぐために最も重要な股関節の折りたたみを解説&実践!

8 / 腹斜筋の使い方
さらに精度を高めるための腹斜筋の使い方を伝授!

9 / 股関節+腹斜筋
股関節と腹斜筋を、両方を使い内倒しないからだの使い方をマスター!

サンプル動画

購入者専用Facebookグループにご招待

動画のご購入者には非公開のFacebookグループに招待させて頂き、そこでは、担当の上田インストラクターに無制限で質問できるほか、動画も掲載できますので、滑りを見させて頂いた上での具体的なアドバイスも可能になります!

商品購入後にこちらのFacebookグループより、参加申請を行い、質問に答えると参加承認されます。

通常こういった映像やDVDの販売は見て勝手にやってね状態ですが、この動画では質問をしながらわからない点は解消しながら取り組むことができます。また日課のように報告しながら取り組む事で一人だと継続しずらいといった事の解消にもつながります。

講師紹介

xim代表
上田諒太郎

小・中学校とサッカーに明け暮れていたが、高校2年よりモーグルを始め、大学では、モーグル選手としてスキー技術を磨く。選手として活動すると同時に、身体を探求する日々に没頭し、多くのアスリートをサポート。

また、白馬五竜フリースタイルアカデミーにて、スキー技術だけでなく、身体の使い方を組み入れたスポーツトレーナーにしかできない新しいレッスンを展開し、各地に多くのリピーターをもつ人気インストラクターとして活躍。

2013年6月に整体&パーソナルトレーニング、Ximを設立

この商品を購入する

レビューはありません。

商品種類
ストリーミング
ストリーミング+ダウンロード